六本木.pm #1 に参加してきました

ブログを書くまでが、六本木.pmということで。

 

roppongipm.connpass.com

に参加して来たので簡単なメモを。

 

吉祥寺.pmと沖縄.pmのコラボイベントでPerl成分多めということで、

これは行かないわけには、ということで行ってきました。

渋谷からは歩いて六本木ヒルズへ。

まさかの開始前にお弁当が配布されるという神展開w

f:id:teckl:20180914191638j:plain

小腹が空いてたので来る直前に菓子パンを食べてしまってましたが、これはこれでありがたい、と開始前に全部いただきました。

 

 さて、最初の発表は、

ラクダがピンクだった頃の思い出」(@yoshiyuki_kondo)

www.slideshare.net

あのラクダ本やリャマ本の訳者の方ということで、いきなりテンションが上がります。

ピンクのラクダ本、リャマ本という時代があったとは…

Perl 4.0時代の背景、開発環境など、自分では全く知らない時代なので、正座して聞かなければならない雰囲気です。

当初のラクダ本ジョークなど、知らないことばかりでした。

sed + awk + shellスクリプトをまとめたものというのが今にも生きててとても素敵だなぁと。

 

お次はAmazon::S3::Thinの紹介」「PHPerがPerlコミュニティから学んだこと」(@DQNEO)

speakerdeck.com

 

Amazon::S3 - A portable client library for working with and managing Amazon S3 buckets and keys. - metacpan.org

との設計思想の違い、

Web::Scraperの本質が通信が必須というわけではなく、HTMLという文字列を処理するのが本質ということで、通信部分とリクエスト作成部分を分離したというところがとても素敵でした。

後半のPerl Mongersへの賛辞も最高でした。

今度S3を扱う時はこちらを使わせていただこうと思います!

 

お次は、

「僕がPerlにしてきたこと。Perl の今後についての思い。」(@tokuhirom)

ちょっと資料が見つからないので、かいつまんで。

tokuhiromさんによるPerl時代に何をしてきたのかという流れで、

本当にいろいろとお世話になっているモジュールばかりなのですが、

中でも

 このあたり、

最近自分が思っているところともピッタリハマった感じで、

もちろんまだPerl 5はバリバリ現役で mod_perlPlack も使わせていただいてますが、

最近いろんな言語が出てきている中で、Perlが最も得意とするテキスト処理に回帰する、というのがとてもしっくり来ました。

自分の好きなPerlなどを使ったワンライナーとかも、たぶんこれから他の言語がいくら出てきても10年後も20年後も使わせてもらえるだろうなぁ、と。

 

あと何故か

これがちょっとだけバズったのは、果たして喜んで良いのかというw

でもそれすらネタにしてしまえる懐の深いところがPerlの素晴らしいところだよなぁ、と良い方向で考えますw

 

お次は、

History from Perl 1.0 to Perl 6」(@AnaTofuZ)

speakerdeck.com

ということで、Perl 1からの特徴を振り返るというアナーキーな内容でしたw

Perl 1からのデータ型やデータ構造、徐々に進化していく過程が見れて素直に知らないことばかりでめっちゃ良い発表でした。

ログの解析などもPerl 5は高速なんですね、素晴らしい。

 

で、ここからはLTへ。

(@__papix__)さんのPerCUDA, GPGPUあたりのお話。

qiita.com全く未知の分野で、全然知らない言葉ばかりでしたが、GPUって画像処理以外にも使えるんですね…Perlにもまだまだ面白い使い方があるんだな、と。

 

「サーバレス日本語形態素解析エンジンとの格闘記録」(@Korenari_D)

speakerdeck.comサーバレスは銀の弾丸ではないというのが良かったです。

 

@setoazusa さんの吉祥寺.pmに登壇してMMVPになろうというお話。

10/8(日) に

techbookfest.org

があるそうなので、こちらも都合が合えば行ってみよう。

 

「1年間Perlでゲーム作りました。」(@return520)

ゲームのバックエンドをPerlのAmon2で作るというお話。

良いですね〜。

 

で、クロージングでは、YAPC::Tokyo 2019の告知なども!

yapcjapan.org

ちょっと先ですが、ここに向けて何かやっていきたいですね〜。

 

懇親会では、いつもブログ記事でお世話になっている

Perlゼミ (@perlzemi) | Twitter さんと

これからのPerlについてお話させていただいたりして、

最後までとてもPerl濃度が高い最強の勉強会でした。

普段のPerl以外もなんでもありの地方PMも大好きですが、たまにはこういうのもあると最高ですね〜!

 

次回もあればぜひ参加したいと思います!

 

ITエンジニア怪談 ~背筋も凍る、ゾッとする話Night~ に行ってLTしてきました

gaiax.connpass.com

に行って来たのでメモ。

 

話を遡ること1年前、今回のイベントの前作的なイベント、「他社の障害対応、きにならnight」

gaiax.hatenablog.com

の時に、来年はITエンジニアの怪談ですよ、という事をちらっと聞きまして。

 

普段ほどんど勉強会には聞いてTwitterで実況するくらいなものなのですが、怪談ということはほぼ合法的に稲川淳二の怪談を前面に出して良いはず…!

一応これでも稲川淳二ファン歴20年以上ということで、

「怪談」と聞いたからには、このまま黙って見逃すことが出来なかったのでLTをしてきましたw

ネタについては、もう時効になっているであろう昔やっちゃった系のネタをいくつかかき集めて、座長の怪談のように破片を組み合わせてとりあえず3本に絞りました。

 

---

 

さて、当日…

一応正装をということで、稲川淳二の怪談ナイトのTシャツを着て参戦(誰も気付いてなかったですがw)。

 

最初は、高野さんの

 

BtoB向けブログサービスで、すべてのブログの記事が同じ記事になってしまうという怪談や、EC2の仮想化タイプのHVMとPVで、PVの方で古めのOSだと、勝手にパッチがあたってNFSが刺さってブートローダーが死ぬという怪談で、

初っ端からいい感じで恐ろしい…

 

お次は、生島 勘富さんによる

www.slideshare.net

の怪談。

実際にSIerであったSQLの外部結合時のWHERE句の動作の勘違いによる大事故の事例紹介でした…。

普段から重い重いと思ってJOINは極力使わないようにしていると、こういった外部結合時の罠はなかなか気づかれないもの。

何気なく出てきたらこれやっちゃう自信がありますね・・。

SIerで実際にこうなったという

この1枚見るだけでも、十分地獄が想像できますね。。

 

ここからはLT枠に。

発表資料・お名前等、ちょっと見つからなかったので印象に残ったのだけ…

ECサイトで、本番環境のデータをtruncate してしまったという怪談、

感情論だけで動くマネージャーの話、

ICTSC(トラコン)の話など、

xtetsujiさんの同一時期に購入したHDDが30分感覚で次々と壊れてRAID5崩壊の話など、

バラエティ豊かなお話で涼しくなりました…w

 

で、いよいよ自分の番に。

speakerdeck.com

 

それなりに緊張しつつも、YAPC::Okinawaの時のガチガチ感と比べるとだいぶリラックスして望みました。

怪談の内容は置いておいて、途中途中で、稲川さんの話し方をちょこちょこ意識させていただきまして、

要所の稲川さんが出てくるシーンでは、感情を込めて話したところ、結構ウケてくれましたw

LTなのに2話終わったところで明らかに5分を超えてしまっていた気がしたので、3話目はスキップ。

とりあえず席のお隣の方にも喜んでいただけたようで発表できて良かったなぁ、と。

時効になったネタの候補自体はもっとあったのですが、機会があればまた使わせていただければと思っております…

 

懇親会でも、稲川さんをとっかかりに様々な方の怪談を聞かせていただいて、

中でも

 このあたりの話(実話)が本気で恐ろしくなりました…

 

ということで、いろいろな怪談があるなぁ、と思わされたとても素晴らしいイベントでした。

 

---

 

今回稲川さんの画像を使用させていただくにあたって、稲川さんの事務局に連絡をさせていただいたところ、

基本的に個人利用は問題ありません。
営利目的・販売等でなく常識の範囲内でのご利用であれば構わないとのことです。

という事を事務局の方に言っていただけたのが一番嬉しかったな、と…。

これからもたまに使わせていただこうかな、とw

 

公演日程 | 稲川淳二の怪談ナイト オフィシャルサイト

今年も冬の公演もありますので、ご興味のある方はぜひよろしくお願いいたしますー

f:id:teckl:20180917221547j:plain

builderscon tokyo 2018に行ってきました

https://builderscon.io/tokyo/2018

に行ってきたので、

まだ記憶が残っているうちにメモしておきます。

 

buildersconは今年で3年目ということですが、参加するのは初めて。

普段からPerlをやっているので YAPC::ASIA Tokyoは2010年頃からずっと参加していましたが、

その後に出来たbuildersconについてはあまりチェックできていませんでした。

前夜祭は参加できませんでしたが、金曜は朝から参戦。

 

---

以下拝見した順番に…

 

builderscon.io

これまでラズパイはあまり興味が無かったところもあり、

前知識はほとんど無し。

印象に残ったのは、

 

 とか、組み込み用途でのピタゴラスイッチ的なやつがとてもいい感じでした。

値段だけでなく、運用してからの安定性もあそこまであるとは…という事で、

ちょっと試しに買ってみたくなったり。

 

ランチセッションも気になりつつも、日吉に来たからには武蔵家のラーメンを我慢出来なかったのでダッシュしてランチ。

 

午後は、

builderscon.ioから。

 

最近クリーンアーキテクチャの本が気になっていて、

しんぺいさんの設計原則のお話は吉祥寺PMの時も衝撃を受けましたが、

中でも印象に残ったのは、

 

 

 

や、「暗黙知ではなく、一般的な設計原則をレビュー時の共通言語として用いる」という話がとても刺さりました。

 

その後は

builderscon.ioを。

セキュリティインシデント、聞くだけで辛いですが、

そうも言ってられないのでMySQLのクエリログを出す話や、ProxySQL、

wazuh.comなどは発見がありました。

 このあたりもとても共感できるお話でした。

自分の周囲でもこういうセキュリティ方面も啓蒙していけると良いんですがなかなか難しい…

 

お次はi18n

builderscon.io

i18nは正直やったことが無かったので、とても良い知見となりました。

ぼくたちのかんがえたさいきょうのi18n国家

Vue.js Progressive Framework

もまた合わせて読みたいな、と。

 

お次は

builderscon.io

を。

あのpairsの裏側という事で…w

 

 

 

このあたりがまさに共感しまくりでw

この視点と、

 避難訓練(Redisを敢えて落としてみる)の話、

パフォーマンスの定点観測会など、

本当に最高で、運用に関わる人すべてに見て欲しいセッションでした!

 

お次はソシャゲの裏側のお話を。

builderscon.io

まさにリアルISUCONの世界で、

は笑わせていただきました。

「チューニングよりも設計変更」の話も良かった。

 

で、初日は終了、

そのまま懇親会に参加させていただきました。

 

普段Perlの勉強会くらいしか行っておらず、あまり見知った顔も無かったので、

これはぼっちになってしまうかなぁ、、と心配していたところ、

yapcjapan.orgの時に一緒にお話させていただいた @note103 さんに拾っていただき、

楽しくお話をさせていただきました。

Perl入学式 の後に卒業生は何を勉強すべきか、そういった受け入れ先があると良いですねぇといった話などなど盛り上がらせていただきました。

アフターパーティーでは、さらに @bokuweb17 さんとファミコンエミュレータや8bit時代のレトロゲーの話や、 @karupanerura さんとサウンドエンジニアリングの話を聞かせていただき、楽しく過ごす事ができました。

 

---

 

翌日(9/8)はUSBケーブル繋いで電子名札を付けて参戦。

ラズパイを買おうかと思ってた矢先にこれ、本当に良いですねw

また後でソースも見ていじってみたい。

 

 

この朝一のトークは正直すべて聴きたいのばかりでめっちゃ悩みましたが、

昨夜の続きを聴きたかったのでレトロゲー世代として以下に参戦。

builderscon.io

パレットテーブルとスプライトの話、

ブラウン管を意識したドット絵の話、

ロックマンのボスが背景の話、

ドラクエの村人消える問題など、

笑えつつも当時のエンジニアの苦労が分かってちょっと数十年ごしに感動しました。

 

お次は

builderscon.ioを。

カーネルレベル、システムコールまで追ってボトルネックを潰していく話、

で、

strace, gdb, perf, valgrind などを駆使して実際に一つずつ追い詰めていく感がとても勉強になりました。

 

この日のお昼もやはり日吉武蔵家をいただきまして、

午後は

builderscon.ioのお話から。

ngx_mruby, cache gateway, memcached, DynamoDB, AWS StepFunctions, AWS Lambdaなどを全力で使い倒して、絶妙なバランスで大規模に耐えうるピタゴラスイッチを構築する、めちゃくちゃいい話でした。

 

お次は、DNSは雰囲気だけで利用していたのでこちらを。

builderscon.ioDMARCレコードや、CAAレコードなど、あまり意識していなかったものもあり、

途中のデモも予め動画にされていて、見ていて本当に丁寧で安心して見られて勉強になりました。

ラストの

 これが本当に素晴らしいなと…

 

ラストのセッションは、そうだいさんのRDBリファクタリングの話も聴きたかったんですが、既に廊下の後ろの方まで行列が続いていたのでこちらを拝聴しました。

builderscon.io

今はどこもKubernetes一色になりつつある中で、なぜNomadなのかという内容で、

双方の特色を見極めた上でいい感じにNomadがピタッとハマった、というお話でした。

Circle CI 2.0になってgRPCに置き換えたら爆速になった、というあたりも素晴らしいなぁ、と。

 

LTもどれもレベル高くて最高でした。

中でも

 これの時に会場がかなりウケていたのは、結構Perlを知ってる人も多かったのかなぁ、とw

 

帰り際、フォトブースなるものがあったので、記念に撮ってもらいましたw

 

www.instagram.com

二日間参加させていただき、

「知らなかった、を聞く」というテーマの通り、

普段触れなかったラズパイだったりエミュレータの話だったり、

これまでに全然知らなかった世界にも目を向けてみようと思わされた最高のお祭りでした。

運営の方々、登壇者の方々、関わったすべての方々、本当にありがとうございました。

 

---

終わりに…

参加してテンションが上がったので、

lantern.builderscon.ioで紹介されていたそうだいさんの「オミカレ」を登録させていただきました✨

仕事や勉強や趣味もそうですが、

まぁなんというか、こっちの方面も今年あたりそろそろなんとかして頑張って行かないとなぁ、とw